薬師院(真言宗善通寺派)

〒716-0041 岡山県高梁市上谷町4100

電 話/0866-22-2575

FAX/0866-22-2575

【御詠歌】

のきちかき るりのおやまの まつかげに

夕ぐれちかく 月いでにけり

 

 高梁市は、備中松山城の城下町である。仁治元年(1240)秋庭重信が、市街の中央に位置する臥牛山に築城したのが創まりである。

 現在の城郭は、天和元年(1681)水谷勝宗が築いた。毛利氏の時代に輝元が拠ったこともあるが、江戸時代に水谷家は世継ぎがなく、幕府は播州浅野家に在住を命じて、大石内蔵助がその任に就いた。当時の一行に、赤穂義士のうち神崎与五郎・武林唯七・岡野金右衛などがいる。

薬師院は、松山城に対峙してある。正しくは瑠璃山泰立薬師院という。真言宗善通寺派である。

 寺伝によれば、花山法皇の本願により、寛和二年(986)原村(現在の高梁駅周辺)に創建されたと伝う。

 慶長五年(1600)備中代官小堀正次が入国して、城下町の整備を行った。これに伴い現在地へ移転を図り、石垣の築造に着手、二十余年を経た元和十年(1624)五十一代院家宥遍の代に完成した。

 建物は、薬師堂(岡山県指定重要文化財)・大師堂・客殿・庫裏・経蔵・仁王門の他に、消失した多宝塔・奥之院などもあった。

 本尊の薬師如来および日光・月光菩薩は秘仏、五十年ごとに開帳する。備中三十三観音霊場第四番札所。大山堂に安置する延命地蔵石像は、高梁市指定重要文化財。寺宝の阿弥陀来迎図は、説に平安末期作という。末寺十三ヵ寺があった。

 善通寺は、大同元年(806)唐より帰国した弘法大師が、父母・先祖の追福のために、長安の青龍寺に模して伽藍を建立したと伝う。

 

【桃山様式を伝える本堂】

 花山法皇は、人皇六十五代天皇である。即位されたのは、永観二年(984)十七歳のときであるが、二年後に出家退位して入覚と号した。寛弘五年(1008)四十一歳で崩御するまで、諸方を遊歴された。『栄花物語』に、

  木の下をすみかとすればおのずから

  花見るひとになりぬべきかな

とある。

 奥之院とは、本堂とか拝殿とは別に、開山の像あるいは本地の仏像を安置して、難を避けるために設けた場所をいう。

 薬師院本堂は、三間四面の入母屋造り、単層、本瓦葺きで、正面に一間の向拝を構える。寛永元年(1624)建立した。詳細な説明は省くが、桃山建築の特徴をよく表す建物である。

 内部は外陣に畳を敷き、内陣は来迎壁の前に禅様の須弥壇を据え、唐破風の厨子に本尊を安置する。いずれも格天井である。

 寺宝の阿弥陀来迎図は、臨終に際して阿弥陀如来が、二十五菩薩を従えて亡者を迎えにくる光景を描いた図、聖衆来迎図または迎接曼荼羅図ともいう。

 この他に、梵鐘(伝花山法皇寄進)・大黒天(伝湛海作)・滝見観音(伝雲信筆)・涅槃像(伝尾摩正筆)・黒龍登降の図対幅(伝呑舟筆)・頼山陽書数点などがある。

 境内は、二層の楼門から上に諸堂がある。

 

 往古、二十年を要して積み上げた石垣は、まさに城郭である。近年に寅さんこと渥美清が撮影に訪れたというが、彼はこの地で何を祈ったか、その胸中は察して余りある。


中国四十九薬師霊場会事務局  

〒  680-0015    鳥取県鳥取市上町162 観音院内 ☎ 0120-089432