光明寺(験乗宗総本山)

〒722-2211 広島県尾道市因島中庄町749-3

電 話/0845-24-0078

FAX/0845-24-0187

【御詠歌】

 因島 お山の薬師 渡りてぞ

法の灯照らし 衆生を救わん

 

【験乗宗の教え】

 寺伝では、松浦観舜大阿闍梨が昭和初期に伊予の霊峰、石土藏王大権現をいただく石土山石中寺の第六十八世住職・小笠原観念和尚から修験の法脈を伝承、もって宗教結社を組織したことに始まる。昭和十四年に宗教団体法により、天台宗寺門派の因島石土教会を設立。戦後まもなく、天台寺門宗総本山・園城寺(三井寺) の法灯を継承して、「光明寺」を創設するに至った。

 昭和22年12月27日、光明寺を根本道場として、天台系本山派修験の一派「験乗宗」を立教開宗して総本山となる。

 験乗宗では、信仰の対象として神仏諸尊をひとしく尊崇する。「済世利人」を宗旨として、この宇宙の大自然を、自行化他の大道場と観じ、顕密二教を双修し、専ら真俗一貫の菩薩道すなわち修験道を実修実践して、この世に仏国浄土を顕現するのが基本理念である。

 本尊は石土藏王大権現、脇侍に不動明王・神変大菩薩をまつる。鎮守はだ枳尼天、諸尊のなかに比叡山255世天台座主より請来した山の薬師が坐す。


中国四十九薬師霊場会事務局

〒  680-0015    鳥取県鳥取市上町162 観音院内 ☎ 0120-089432